モンテビデオ旅行について


top
画像参照:Ana Raquel S. Hernandes

ウルグアイ東方共和国の首都である「モンテビデオ」は、人口約170万人の都市であり、
ウルグアイの全人口の半分ほどが住む、ウルグアイ最大の都市となります。
そのモンテビデオに旅行に行く際の交通手段としては、
航空便やフェリー、バスなどとなります。
アルゼンチンの首都であるブエノスアイレスからであれば、毎日多くの航空便が出ています。
ブエノスアイレス以外では、サンパウロやサンチアゴをはじめとして、
ヨーロッパやアメリカからも航空便が出ています。
モンテビデオはラプラタ川に接しており、夏場には多くの観光客でビーチが賑わいます。
ラプラタ川沿いには多くのビーチが存在し、その中でも特に人気があるビーチがポシートス海岸となります。
また、毎年夏には、約1か月間にわたってカーニバルが行なわれており、
多くの旅行者で賑わっています。モンテビデオのメインストリートである7月18日通りには、
たくさんのレストランや、ホテル、ショップなどが立ち並んでいます。
さらに、モンテビデオ中心街の東側に位置するトリスタン・ナバハ通りでは、
毎週日曜日の午前中に、大規模な蚤の市が開催されています。

南米を旅行するにあたって、治安を気にされる方も非常に多いのですが、
ウルグアイは、南米諸国の中では犯罪率が少なく、比較的安全な国となります。
ただ、旅行先でトラブルを回避するために、日が暮れた後は、できるだけ
人通りのある明るい通りを歩くように心がけ、1人で歩くことはできるだけ避けるようにしましょう。
バスやタクシーは、夜でも安全に乗ることができますので交通機関を利用する事をおすすめします。
ウルグアイの首都であるモンテビデオは、豊かな歴史が息づき、すばらしい建築物が集まる都市でもあります。
「サルボ宮殿」に代表される、歴史地区に残された18世紀~19世紀の大建築物は見ごたえ十分です。
モンテビデオはヨーロッパの雰囲気を感じることができる沿岸都市となります。
また、パッジェ公園に建つ「センテナリオスタジアム」は、
サッカーファンの方に是非おすすめしたい観光地であり、サッカーの聖地といわれています。
センテナリオスタジアムには、サッカー博物館が併設されており、
サッカーファン必見の記念品が展示されています。
南米サッカーの熱気を直に感じることができる場所となります。
ちなみにモンテビデオでは、サッカーワールドカップの第1回大会の決勝戦が行われた歴史があります。

おすすめサイト

米国GDP(国内総生産)
米国の経済動向を表す指標として四半期毎に発表される数値とは?